結婚指輪のサイズの選び方

指輪のサイズ, 直すことも可能, 選び方

結婚式,水辺,ウェディング

結婚指輪を購入する時に迷うことがあります。

ブランドでしょうか。

デザインでしょうか。

素材でしょうか。

もちろんこれらは大事なことです。

もう一つ迷うことがあります。

それは指輪のサイズです。

指輪のサイズを多くの方が悩みます。

特に普段指輪をつけない方、指輪を買ったことがない方は悩んでしまうものです。

サイズ直しができる

ring,結婚指輪

結婚指輪のサイズは重要な要素です。

結婚指輪は永く着用するものなので慎重になると思います。

指輪のデザインや素材にもよりますが、購入後でもサイズ直しができます。

着用して日常生活を送りながら指輪のサイズが合わなければ直せばいいのです。

指輪を切ってサイズを変えます

指輪のサイズ直しは基本的には指輪を切って、大きくしたり小さくしたりします。

こちらの記事に詳しくまとめてありますので読んでください。

緩いと困る

結婚指輪が緩いと指輪が気になってしまうこともあるでしょう。

もしかしたら何かの拍子に指輪がスポッと抜けてしまいます。

地面に落ちれば傷も付きますし、最悪失くしてしまうかもしれません。

きついと辛い

結婚指輪がきついと指を曲げ伸ばしが厳しくなるので、日常生活に影響が出てきます。

日常生活に支障があると指輪を着用しなくなり、箪笥の肥やしになります。

指輪が抜けなくなれば消防やジュエリーショップに連絡取り、指輪を切って指から取らなければいけなくなります。

最悪、指がうっ血してしまう可能性があります。

理想はピッタリなサイズ

ring,結婚指輪

緩いのが良いのか。

きついのが良いのか。

比べてみると緩いほうがいいように思います。

ですがやはりピッタリなサイズを選ぶのがベストです。

指輪のサイズが変わる原因

ピンクのバラ

他のお店の指輪は10号がぴったりだったのにこのお店の指輪の10号はきつい。

ということは指輪購入のあるあるです。

お店によってサイズが違うわけではありません。

10号は10号です。

ですが、海外とは基準が違うので日本以外で購入する時は注意してください。

指輪はデザインによってサイズ感に違いがあります。

  • 指輪の幅が太いのか細いのか
  • 指なじみの部分が多いのか少ないのか
  • 指輪の内側が鏡面仕上げなのか、ザラザラなマット仕上げなのか。

この3点によってサイズに違いがあるように感じます。

指輪の幅

細いと指に接している部分が少ないので緩く感じます。

太いと指輪に接している面が多いのできつく感じることが多いです。

指なじみ

指なじみは指輪が指に触れている面の角っこになります。

角が丸ければ、指に接している面が少なくなり緩く感じます。

また、指なじみが多い(角が丸い)と指の関節が通りやすくなり取ったり外したりがしやすくなります。

なので関節が指輪が引っかかってしまうような方は、指なじみが多いデザインの指輪を選ぶと良いでしょう。

内側の仕上げ

これは単純に摩擦の違いになります。

指輪を着用する時、外すときに影響があります。

内側が鏡面に磨かれていれば、摩擦は減ります。

逆にザラザラなマットな仕上げだと、摩擦が多くなります。

まとめ

選ぶ,時間を掛ける

ベストはピッタリなサイズですが、指輪をよく外す方であれば気持ち緩めにすることもアリでしょう。

指輪のサイズは0.5号刻み0.25刻みで選べることが多いので、あなたにピッタリな結婚指輪は必ずあります。

結婚指輪は永く使うものです。

時間をかけて選ばれることをおすすめします。

ちなみは当店の結婚指輪・ペアリングは指輪を作りながらサイズを見ながら、着用しながら確認して作業を進めています。

そのぶん時間は掛かりますが、お客様の指に合わせて作れます。

手作り結婚指輪のハッピーリボン

手作り結婚指輪のHappy Ribon

もし手作りが気になっているのであれば是非お気軽にお問い合わせくださいね。

埼玉県越谷市赤山本町17-1

営業時間 11:00~19:00

TEL: 048-945-3248

URL: https://happy-ribon.com