結婚指輪の選び方

【まとめ】指輪が食い込んで見える方におすすめの指輪3選

実はこの悩み、とても悩んでいる方が多いです。 

女性は皮膚が柔らかく食いこみやすいというのもあり気にされます。 

特に結婚指輪となれば日常的に着用するアイテムです。

気にしながら結婚指輪をするなんて悲しいですよね。

せっかくの結婚指輪、自分に自信が持てる指輪にしたいと思うのではないでしょうか。

食いこみが目立ちにくい指輪の基本的な選び方3選をご紹介します。

厚みのある指輪を選ぶ 

指輪が薄いと着用した時に指に当たりづらくなりますし、日常生活の中でモノに指輪をぶつけにくくなります。 

そのため指輪に慣れていない方や、長時間着用する結婚指輪なら良い選択になります。 

ただ、食いこみが気になる方は指輪に厚みがあるものを選んだ方が、

薄いものに比べて指への食い込みが目立ちにくくなります。

もちろん厚みがありすぎても、着け心地が悪くなってしまうしので程々がいいです。

ここでいう程々は人によって変わります。

お店に足を運んで実際の指輪を着用したり、見て確認するのがおすすめです。 

指輪の形状を平たいタイプ(平打ちリング)を選ぶ 

目の錯覚で指輪が食いこんで見えづらくなります。 

また、指輪の内側が「指なじみ」といって指通りをよくするために角がとれています。 

その指なじみを多めにとって角をより丸くすることで指の皮膚に逃げ道ができ、食いこんで見えるのを減らしてくれます。

内甲丸という選択

最近では、内甲丸形状といって多くの指輪が指輪の内側(皮膚に当たる面)が丸くなっています。

これによって、ひと昔前よりは食い込んで見えないように、更に着け心地も良くなっています。

もし気になるようでしたら、更に指なじみを多くすることができるか購入店に相談してみるのが良いでしょう。

幅の細すぎないものを選ぶ 

近年人気の幅が細い、華奢な指輪は可愛いです。

ただ今回のような場合は、幅が細すぎると皮膚に指輪が埋もれているように見えてしまいことが多いです。

トレンドだし可愛いので選びたくなりますが、なるべく華奢すぎない幅のものを選ぶのが良いです。 

細くて華奢な指輪が好きな人は

それでも細く華奢な指輪が好みの方は、重ね付けして幅を増やすという方法もあります。

同じデザインの指輪を2本でもいいですし、デザインを変えて楽しんでも素敵ですね。

自分の指に合うデザイン

そのほかにも自分の指がどういう指かによって似合う指輪、

避けた方が良い指輪というものもあるのでそちらもご紹介します。 

短い指 

手が小さく可愛らしい短い指の方は、V字やウェーブの形状の指輪がおすすめ。 

真っ直ぐな形状の指輪に比べて指の付け根がより下がって見えたり、動きのある形状が縦ラインを強調し指を長く見せてくれます。 

幅が広すぎるものや華奢すぎるものはバランスが悪く見えてしまうため、避けた方が良いです。 

長い指 

憧れる人が多いスラっと長い指の方は、

大ぶりのデザインや幅広の指輪だと長い指に映え、エレガントに見せてくれます。 

個性的なデザインでも長い指の方は着けこなしができます。

どんな指輪も合いそうな長い指ですが、華奢すぎるデザインの指輪はあんまりなことがありますので気をつけた方が良いです。 

太くしっかりした指 

ふっくらと柔らかそうなしっかりした指の方は、

自分の指の太さを気にされる方も多く、コンプレックスに感じている方もいます。

そんな方はボリュームが程々にあり、ウェーブ(S字)のある曲線的なデザインのものだと視線が指輪にいくのでおすすめです。 

幅広すぎるものは圧迫感が出るので避けた方が良いですが、透かしが入っているデザインは選ぶとスッキリと見えるのでおすすめです。 

細すぎるものは指の太さがより強調されて見えてしまうことがあります。 

細く華奢な指 

繊細に見える細い指の方は比較的どんなデザインのも指輪でも似合います。 

特に華奢なデザインのものは指とのバランスが良く見え、女性らしさがより出ます。 

唯一気をつけたい点はボリュームがありすぎるデザインの指輪は、指とのバランスが悪く見えるともあるため、選ぶ際は気をつけましょう。 

関節が張っている指 

指輪を選ぶ際に関節が入るサイズで選ぶので、指の付け根がゆるくなりがちな指になります。 ←(筆者もこの指のタイプで苦労しています。。。)

着用したときに指輪がクルクル回ってしまっても大丈夫なデザインのものを選ぶと良いです。 

例えば、模様がぐるっと一周入っているものや、エタニティリングのように一周全て石が留まっているものだと指輪が回ってしまっても問題ないのでおすすめです。 

逆に石がひとつだけのものや、ハーフエタニティのように半周だけ石が留まっているデザインのものは避けた方が良いです。 

また、幅の細い指輪はより緩く感じやすいので、幅の広いものを選ぶと回りづらくなります。

まとめ 

指輪の形にはたくさんの種類があり、デザインもシンプルなものからゴージャスなものまで様々あります。 

始めのうちは自分に合うものが分からず、迷うこともあるかもしれません。

実際に着用して自分の目で見たり、写真に撮って客観的に見てみてください。

そうすると、自分に合うものに出会えるはずです。

ぜひ今回ご紹介した方法を参考にして、あなたの指に合うぴったりの指輪を探してみてください! 

手作り結婚指輪はHappy Ribon

Happy Ribonは埼玉県越谷市にある手作り指輪が作れるお店です♪

こんなお客様にオススメ
  • ものづくりが好き
  • 結婚指輪が手作りしたい
  • サプライズでプレゼントしたい
  • ふたりだけの特別な時間を楽しみたい

 

⇓⇓アクセスはこちら⇓⇓


埼玉県 越谷駅から徒歩5分