手作り指輪の素材(プラチナ編)

プラチナ

日本でのブライダルジュエリーの多くはプラチナで作られたジュエリーです。

婚約指輪、結婚指輪は多くの方がプラチナの指輪を選び購入されます。

それはなぜなんでしょうか。

プラチナにはどんな魅力があるのでしょうか。

今回の素材はプラチナをご紹介します。

安定している。

プラチナ,指輪,ダイヤモンド,バラ

プラチナは金属として安定しおり、シルバーのように変色・変質はあまり起きません。

普段の生活であれば変色等はほぼ起きないです。

海やプールに行っても温泉に入っても変色しないので、普段使いするジュエリーや結婚指輪には相性がよいです。

またその安定している特性からお手入れも簡単です。

柔らかいブラシに中性洗剤をつけて洗う程度で十分です。

希少性が高い。

結婚指輪,手作り

プラチナの採掘量はゴールドの30/1程度だとされています。

なのでプラチナはゴールドよりも希少性が高いので価値があります。

この希少性が高いということが特別な存在とされています。

ブライダルジュエリーやハイジュエリーは特別な場面、特別な人にと意味をこめてプラチナがよく使われています。

ダイヤモンドと相性が抜群によい。

ダイヤモンドはプラチナと相性が良い

プラチナの色味がダイヤモンドの透明な輝きを引き立てます。

私はゴールドが好きなのでダイヤモンドとプラチナよりもダイヤモンドとゴールドがいいと思っていましたが、実際にプラチナとダイヤモンドの組み合わせをみたら多くの人が魅了される理由もわかります。

それくらい綺麗で魅力的です。

またプラチナ粘りがある金属なので、石を留めるために使う爪が細くても折れづらいのでダイヤモンドだけでなく宝石を留めるジュエリーに向いています。

プラチナの良いところ。

ティーカップ
  • 手入れが簡単

柔らかいブラシに中性洗剤をつけて洗う程度で十分です。

  • ダイヤモンドと相性が良い

プラチナの色味がダイヤモンドの透明な輝きを引き立てるのでダイヤモンドを使ったジュエリーには向いている金属です。

プラチナの悪いところ。

悲しみ
  • 重くなりやすい

プラチナはシルバーやゴールドよりも比重が重いです。

なので同じデザイン同じ大きさでも重くなります。

要するに使う金属の量が増えるということになります。

  • 金額が高い

近年ではゴールドよりはプラチナのほうが金額が低いです。

ですが比重や配合率の問題で現在ではプラチナとゴールドでは金額が近い状態です。

手作り結婚指輪から見たプラチナ。

手作り結婚指輪,男性,エプロン

プラチナは手作りではとても扱いやすい金属です。

ロウ目も出ないですし、火を当て過ぎて金属を溶かす心配もありません。

金属も硬すぎることもなく粘りもあるので、加工中に割れたり折ったりすることも少ないです。

指輪作りがはじめての方でも失敗することがないのでとてもお勧めです。

ただし、プラチナは融点がとても高く普通のバーナーでは扱うことが難しいです。

そのため設備をプラチナ用にバーナーより温度を高くできる酸素バーナーにしたり、目を保護する専用のメガネを準備する必要があります。

まとめ。

プラチナは希少価値が高いのでお値段も張りますが、お手入れも簡単なので長く使うジュエリーにはもってこいの金属です。

手作りで結婚指輪を制作する時も扱いやすいのでプラチナがお勧めです。

手作り結婚指輪のハッピーリボン

S.J Design (手作り結婚指輪のHappy Ribon)

もし手作りが気になっているのであれば是非お気軽にお問い合わせくださいね。

埼玉県越谷市赤山本町17-1

営業時間 11:00~19:00

TEL: 048-945-3248

URL: https://happy-ribon.com