結婚指輪の素材

【保存版】結婚指輪でもアレルギーは起きる? 対策は? まとめ

ring, 指輪
happyribon

こんにちは、Happy Ribon店長の田中です。

ring, 指輪

一生で何度も購入することがない結婚指輪。

ですが、残念なことにアレルギーを起こすことがあります。

ただあなたがどの金属でアレルギーを起こすのかを病院に行って調べる必要があります。

現在ジュエリーは合金と呼ばれる地金を使用しています。

合金とは、ある金属とある金属を混ぜて作った地金です。

なぜ混ぜる必要があるのか?

metal,金属加工

作業者が加工しやすく、そして購入者がジュエリーとして普段使える強度を出すためです。

アレルギーが出やすい金属

極端なことを言うと、どんなものでもアレルギーが出てしまうことはあります。

ですが一般的にアレルギーが出やすい金属というのは存在します。

・パラジウム

・ニッケル

・銅

・コバルト

・クロム

・スズ

・水銀

特に注意が必要

指輪,プラチナ

この中でジュエリーや結婚指輪で使用している金属は、

・パラジウム

・ニッケル

・銅

これらの3つに金属には気をつける必要があるでしょう。

これら3つの金属が使われているジュエリー用の地金

結婚指輪

・シルバー (銀+銅)

・ホワイトゴールド (金+パラジウム)

・レッドゴールド (金+銀+銅)

・ピンクゴールド (金+銀+銅)

・イエローゴールド (金+銀+銅)

・プラチナ (プラチナ+パラジウム)

要するにほとんどのジュエリーはアレルギーが出やすい金属が使われているということです。

お店によって配合されているものは違う可能性もあるので、気になる方は購入する時に確認した方が良いです。

ちなみにHappy Ribonの地金は上記で紹介している配合です。

ただし、シルバーに関しては変更する可能性もあるので詳しくは聞いてください。

https://happy-ribon.com/blog/gold https://happy-ribon.com/blog/platinum

結婚指輪も注意

結婚指輪は多くの方がプラチナを選びます。

プラチナは(プラチナ+パラジウム)です。

なのでパラジウムアレルギーの方はプラチナの結婚指輪ではなく、イエローゴールドの結婚指輪が良いでしょう。

銅でアレルギーが出るのであれば、イエロー・ホワイト・ピンクゴールドではなくプラチナの結婚指輪を選びましょう。

まとめ

アレルギーになると辛いと思います。

それに結婚指輪は何度も買うことは少ないでしょう。

なのでアレルギーが心配の方は病院に行って調べたほうが良いです。

そして自分のアレルギーを把握してから購入することをおすすめします。

About me
しゅんや
しゅんや
店主
■埼玉生まれ、埼玉育ち
■犬、車、バイク、筋トレ、アニメ好き
■貸切指輪工房-HappyRibon-店長
■2014年に宝飾業界に未経験で飛び込む
記事URLをコピーしました