店長ブログ

【保存版】ジュエリーCADに必要なPCスペック まとめ

自作PC
happyribon

こんにちは、Happy Ribon店長の田中です。

work,pc

Happy Ribonでは手作りの結婚指輪・ペアリングを始める前までは、CADを使って商品をよく作っていました。

ソフトは「ライノセラス」

CADソフトはライノセラスです。

このソフトは、PCのスペックが高くなくても快適に動作します。

これまでのPCスペックがこちら

ちなみに今までのPCのスペックはこちらです。

  • マウスコンピューター製
  • CPU:第四世代Corei5
  • メモリ:最初は8GB⇒途中から16GBに増やす
  • HDD:500GB
  • グラフィックボード:CPU内蔵⇒マザーボード端子が悪くなり、Quadro600を追加
  • 電源:350W

上記のスペックでも私が作るデータでは十分でした。

メモリを途中で増やした理由はCADではなく、ホームページ制作ソフトの影響です。

グラフィックボードも、画面が映らくなったりとかフリーズすることが起きたので追加しました。

CADソフトは基本的にはハイスッペクなPCでないと動作が重くなったり動かない傾向があります。

ですがライノセラスは特別なPCでなくても、一般家庭用で十分動作する軽いソフトです。

パソコンをそろそろ新しくしたい

最近では手作り結婚指輪とペアリングの注文が多いのでCADはあまり使っていませんでした。

pc,デスク

ですが1月中旬にWindows7のサポートも切れるし、PCも古くなってきたしで新しくしようと思います。

最近までWindows7を使ってたことも驚かれるかもしれませんね。

私は去年からYouTubeの自作PCの動画を見ていた影響もあり、今回は自作PCに挑戦します。

だって自分のお店で使うPCです。こだわったり遊んだりしたほうが楽しいでしょ。

予算は10万円

できるだけスペックを高めたい、もちろん安く作りたい。

コイン,お金

そんなわがままを叶えるのが自作PCです。

今回作りたいPCのスペックは、

  • CPU:Corei5 以上
  • メモリ:16GB以上で理想は32GB
  • HDD:SSDで500GB以上
  • グラフィックボード:Quadro製 できるだけ新しいもの
  • 電源:ブロンズ以上

こんなイメージです。

普通に購入したら予算である10万を軽く超えそうです。

なので自作PCなのです。

ライノセラスだけであればこんなスペックは必要ないです。

グラフィックボードも内蔵のものでいいですし、メモリも8GBあれば平気です。

CPUも最近のモデルであればCorei3で大丈夫です。

仕事で使うのでできるだけスペック高め

仕事用pcはスペックが大事

CAD、ホームページ制作、写真加工がメインです。

ですが仕事で使うので細かく色んなソフトが入っていますし、これからも増えるかもしれません。

中古パーツを使う

自作PC

ヤフオクを使い、できるだけ新しい状態が良い中古パーツを使うことにしました。

私自身はきれいで状態が良ければ中古でも良いと思っている派です。

その結果OSとSSD以外は中古になってしまいました。

さすがに中古でも良い派でも不安になりましたが、出来上がったPCのスペックはどうかといえば満足しています。

  • CPU:Intel製 第九世代Corei59400F
  • メモリ:crucial製 DDR4-32GB
  • SSD:Samsung製 m.2-500GB
  • グラフィックボード:Quadro製 M4000
  • 電源:CORSAIA製 650W
  • マザーボード:ASUS製 PRO GAMING Micro-ATX
  • ケース:Fractal Design製 Define Mini C Black
  • OS:Microsoft製 Windows10 HOME

調べながら組み立てたので時間も掛かりました。

出来たと思って電源を入れても起動しない。

そんなこんなで連日夜中まで作業したりで疲れました。

ですが何とか完成しました。

良かったー。

ダメな部分もある

悲しい

何故かUSB端子が一つだけ調子が悪い。

そこにUSBを指すとフリーズしたり動作に影響があります。

ヤフオクで中古なので当然ノークレームノーリターンです。

そこが中古のダメな側面かもしれません。

ただ自分で組み立てたので出来たばかりでも愛着が湧いているので、ダメなところも仕方なと思って消化しています。

これは自作PCの良さなのかもしれないですね。

完成後に問題に気が付く

失敗

ただしもう一つ大きな問題がある。

それは予算です。

そうです。予算を超えてしまったのです。

最終的に計算したら¥101.000-でした。

。。。

。。。

OSがサポートが切れる影響で駆け込み需要のせいで、PCパーツ全体が高値で推移していました。

特にOSは高かったです。

たった¥1.000-のオーバーですが、オーバーはオーバーです。

買う時期が悪かった。。。

まとめ

予算はオーバーしたものの、なんだかんだ楽しめましたし勉強になりました。

初めてのPC作りとしては成功でしょう。

あとはトラブルなく永く使えることを願うばかりです。

ライノセラスに関してご質問があればお気軽にどうぞ。

代理店とかではないので、使い方とか使った感じの感想は答えられます。

About me
しゅんや
しゅんや
店主
■埼玉生まれ、埼玉育ち
■犬、車、バイク、筋トレ、アニメ好き
■貸切指輪工房-HappyRibon-店長
■2014年に宝飾業界に未経験で飛び込む
記事URLをコピーしました