結婚指輪はどの指に着けるのが正しい?

左手の薬指, 正解がある

右手,結婚指輪,バイク

結婚指輪は左手の薬指にするのが一般的です。

日本ではほとんどの夫婦が左手の薬指に結婚指輪をしています。

結婚指輪をする指に決まりやルールがあるわけではありません。

それなのに左手薬指に結婚指輪をする意味はなんでしょうか?

結婚指輪を左手の薬指にする理由

結婚指輪,指輪交換

古代ギリシャの習慣が結婚指輪を左手の薬指にする由来とされています。

左手の薬指は心臓に繋がる太い血管が通っているといわれていました。

そのため左手の薬指は「神聖な場所」とされ、人々に大切にされてきたそうです。

そこに愛の誓いの証である結婚指輪を着けることは、

「大事な人の心を強くつかむ。永遠の愛を誓える。」

と信じられていました。

それからヨーロッパ各地にその風習が広がり、そして現在に至るまで世界中に広がりました。

昔から伝わる話が今に活きていることはとてもロマンティックなことですね。

また実用性の面からも、左手の薬指は日常生活であまり使われない(力を入れることが少ない)ことから、

結婚指輪を傷がついたり曲がったり紛失したりすることを防ぐ意味もあるようです。

これら二つのことが大きな理由です。

海外では右手や足にはめる国

足,指輪,赤ちゃん

実は調べて分かったことですが、世界中で結婚指輪を左手の薬指にするわけではないようです。

アジアの一部の国では、結婚指輪を足の指にすることが常識だそうです。

結婚指輪だけでなくファッションリングなんかも足に着けるようです。

理由は日常的に靴を履く文化がないからのようです。

ただ、近年ではどんな小さい国でもグローバル化して近代化しています。

足に着けることは変化しているのではないかと思います。

そうするとやはり左手の薬指にするのかもしれませんね。

どこにしてもOK

結婚指輪,リングピロー

結果を言えばどこの指に結婚指輪を着けてもいいのです。

正解や決まりがあるわけではありません。

「仕事柄、指輪はできないからと指輪にチェーンを通してネックレスにする」

「左利きで指輪が邪魔になる」

人それぞれ理由があると思います。

結婚指輪は愛する人との証です。

お二人とって、またはあなたが納得がいく形で好きなところに着けるのが正解です。

結婚式の指輪交換をする場合は注意
指輪交換,結婚指輪

どの指に着けても良い結婚指輪ですが、結婚式では注意が必要です。

理由は結婚式のイベントである、指輪の交換があるからです。

指輪交換は、愛する人に結婚指輪を贈る行為です。

そのため左手の薬指に結婚指輪をするのが儀式的には式の正しい進め方になっているのです。

もし左手の薬指にできない場合は式場のスタッフに相談した方がいいでしょう。

ちなみに写真は右手の写真です。

手作り結婚指輪のハッピーリボン

手作り結婚指輪のHappy Ribon

もし手作りが気になっているのであれば是非お気軽にお問い合わせくださいね。

埼玉県越谷市赤山本町17-1

営業時間 11:00~19:00

TEL: 048-945-3248

URL: https://happy-ribon.com